妊娠中は鉄分のサプリメントを摂取することも必要

 赤ちゃんは、妊娠中の母体が補給している栄養素から、体を作り上げていきます。

 健康な赤ちゃんを出産するためにも、妊娠中はバランスのとれた食生活をするよう心がける必要があります。

 日々のこともこなしながら、栄養の偏りがない食事を継続するということは、案外と困難なこともあります。

 体が必要な栄養をサプリメントで補給することは、食事にかかる手間を省くことにつながります。

 取り扱いに便利で、摂取したい栄養素を間違いなく得られることが、サプリメントのメリットです。

 様々な栄養を母体は必要としていますが、中でも重視したい栄養素が鉄分です。

 妊娠中は、貧血になりやすい時期です。

 血液量を増やし、酸素や栄養素の運搬料を増やす反面、赤血球数は同じなので、濃度が下がるためです。

 妊娠中に、食事で得た栄養成分は、まずお腹の赤ちゃんへと送られています。

 胎児の成長には、鉄分が使われます。

 赤ちゃんに優先して鉄分が送られれば、母親が使う鉄分は減少します。

 その結果、血液中の酸素量が減って、赤ちゃんに酸素が行きづらくなります。

 母親の貧血予防のためにも、鉄分は食事などからしっかり摂取しておくことが重要になってくるわけです。

 まずは日々の食事で鉄分を補給しましょう。

 かつお、小松菜、豚レバー、納豆などがありますが、どうしても足りないという時もあります。

 病院によっては、妊娠中に摂取するといい鉄分のサプリメントを紹介してくれたりもしますし、妊娠中のお勧めの鉄分サプリメントを扱っているサプリメント販売店もあります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial