妊娠初期にサプリメントを摂取した場合の影響について

 健康な母体で健康な子供を育てることが理想ですが、特に妊娠初期は、赤ちゃんにとっても重要期間を形成する大事な時です。

 サプリメントは健康の為に利用されるものですが、妊娠初期の大切な時期での取り扱いについて調べてみました。

 毎日食べるものについて、特に妊娠初期は気をつける必要がありますが、サプリメントを飲むことに関しても同様です。

 妊娠初期の妊婦には葉酸が必要だと言われています。

 そのため、数多くの葉酸サプリメントが開発され、市場に出回っています。

 妊娠初期の段階で母親の体内に十分な量の葉酸がないと、神経管閉鎖障害の危険性が増すといいます。

 本来ならば妊娠する前から、葉酸は摂取するのが望ましいそうです。

 胎児が健康に育つために、母親の体内で欠乏させないようにしておきたい栄養に、カルシウムがあります。

 カルシウムは赤ちゃんも母体にも必要な栄養成分なので、サプリメントなどを利用して積極的に摂取するようにします。

 このほか、妊娠初期に食事やサプリメントで補給しておきたい栄養としてビタミンAがあります。

 ただし、ビタミンAは過剰摂取による弊害が起きることがあり、赤ちゃんに異常が起きるリスクが高くなるといいます。

 食品で摂取しているうちは大丈夫ですが、サプリメントは飲みやすいためにうっかり摂取しすぎることがあります。

 過剰摂取によるトラブルが起きないように、摂取量には注意をしてください。

 妊娠初期はつわりがはじまりなかなか食べられないことも多いですが、サプリメントを利用する際は用法や用量を必ず確認するようにしましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial